タップダンスに関する質問で1番多いのはタップシューズについての事です。
タップダンスを始めた13年前。。「タップシューズはどこで買えばいいんだろうか?」。。と真っ先に悩んだものです(笑)
これからタップダンスを始めたいと思っている方がこのページを見た時に、少しでも役立てばと思い、自分なりにタップシューズについての事を質疑応答形式でまとめてみました。 お店に行く前の予備知識として参考にして頂ければ幸いです。
*私がいつも愛用しているCapezioの商品を元に、Basementさんの協力を得て作成したものです。

タップシューズの値段はいくらしますか?  

Capezioのタップシューズで1番安いものは3,990円、その上は10,000円~20,000円の商品も5~6種類あります。一番高い商品は29,400円でK360という商品になりますが、この靴に関してはタップス代金、タップス取り付け加工代金等が入ると最低でも37,275円になります。
*足裏に付いてる金属のような物をタップスと呼びます(アルミの合金で出来ています)


値段によって音は違いますか? 

はい、違います。使用している革や根本的な作りが違えば出る音ももちろん変わってきますので、やはりそういったところではK360という商品が音に関してだけでなく、全体的に見ても1番良いと思います。
*スエードやエナメル等によっても音色は変わってきます。


初心者だと安い靴から履いた方が良いですか? 

これはよく聞かれる質問ですが、タップダンスをどれくらい続けられるかな。。?という不安もありますし、「最初は安い靴で試してみたい」という方がほとんどだと思います。でも、初心者だからといって安い靴を買う必要性はありません。お財布と相談しながら、自分の足に合ったお気に入りの1足をゲットしてください。


タップシューズはどれくらい保ちますか? 

練習に励めば励むほどテクニックも向上して足の使い方も増えていき、それと同時に靴の消耗も当然あると思います。練習時間や練習内容、それぞれのスタイルによって人それぞれタップシューズの買い替え時期は異なりますので、「確実に何年は保ちます」という答えは出せません。


タップシューズが壊れた場合どうすれば良いですか? 

タップダンスは靴を床に叩いて音を出す事が基本になりますので、使用する頻度にもよりますがもちろん壊れる事もあります。Basementではタップシューズを販売するだけでなくその後のケアも万全です、頼れる職人さんがいますので安心して修理に出して下さい。


何か特別な加工があれば教えて下さい。 

前後のバランスを取る為のヒールバランス(2,100円)、靴に重みや安定感、音の重厚感を出す為のビルドアップ(8,400円)、タップスが取れない様にする為の密着付け(3,675円*音のばらつきも無くなります)、この3点がBasementで行っている代表的な加工になります。
(例1) 13,650円のタップシューズ(CG100 HOOF MASTER)+密着付け(脱着込み4,200円)=17,850円


やはりこういった加工をした方が良いのでしょうか? 

した方が良いという事はありません、加工した分だけ費用もかかりますので、自分に必要と思う時、必要と思う部分、必要としている音質があれば試してみて下さい。
*密着付けの加工はタップスが取れたり緩んだりする事がほとんど無いので個人的にはお勧めです!。


ビルドアップについてもう少し詳しく教えてください、この加工をやった方が良いのでしょうか? 

靴底に革を足していく事により重量感が出ます、そうすると出る音質も重みが増していきますので、分かりやすく言えば迫力のある音になります。この加工に関しても必要な状況や好みで決めていけば良いと思います。ちなみに私の場合は曲調や演目によってビルドアップしている靴とそうでない靴を履き替えながら踊っていく事が多いですね。軽快なジャズの曲で踊る際にはビルドアップしてない靴で踊ったりもします。


コンクリート等の硬い所でタップシューズを使用しても大丈夫ですか? 

タップダンスを練習する際はもちろんタップスタジオがベストです。(床も柔らかいので身体に良い)自分で練習する時でも必ず木の板(コンパネ等)の上でやってください。(出来れば板の下に何かしらのクッションを敷いて)
タップスは木の上でも回数を重ねればすり減っていきますので、路上等で直接使用する事はお勧めしません。


オーダーメイドしたいのですが可能でしょうか? 

可能です、色や素材を店頭で選び(最近では素材自体の持ち込みも可能)、配色等も決める事が出来ます。ただし完成までには3~4ヶ月程かかります、アメリカの工場に発注して靴が日本に届き、その後Basementの職人さんがタップス等を取り付ける作業がありますので、舞台や公演等に間に合わせたい方は事前に余裕を見て注文して頂いた方が良いと思います。


足裏に付いている滑り止めは取った方が良いですか?付けた方が良いですか? 

この問いに関しては選ぶタップダンスのスタイルや通って行くスタジオの環境によって答えが変わってきます。ジャズダンスの要素を存分に取り入れて踊っていくとなると、身体全体を使った動きが入ってくるので滑り止めがあった方が良いかもしれません。逆にスライドしていくような振り付けの場合は取っていた方がやりやすいと思います。この滑り止めもBasementで脱着可能なので、自分の続けていく環境に合わせて決めてください。


サイズはぴったりの方が良いですか? 

通常履いているスニーカーや革靴は少しゆとりのあるサイズを選ぶと思いますが、 個人的にタップシューズはぴったりフィットしている方が踊りやすいと思います。使っていくうちに革は絶対伸びていくし、大きめサイズを選ぶとそこから更に大きくなっていき、「今では靴下を2枚重ねで履いています」という方の意見をよく聞きますので、基本的には店頭で試し履きする際に「ぴったりフィットする感覚」を優先して頂いた方が良いと思います。
*外反母趾のある方は少し横幅にゆとりがあった方が違和感無くやれるかもしれません)


保管の仕方、自分で出来るメンテナンスはありますか? 

タップシューズに高温多湿は基本NGだと思って下さい。練習が終わった後に汗をかいたTシャツやタオル等と一緒にリュックに入れて放置すれば革が余分な水分を吸収してしまいますが、これは1番良くない状態です。保管の良い例を挙げるならば、新聞紙を丸めて靴の中に入れておけば靴全体の汗や水分を紙が吸収します、その後は風当たりの良い場所に置く等、出来るだけ靴が吸った汗を乾燥させていく事がベストです。
*革靴に塗る保湿クリーム等を使用する場合は汚れが目立った際に付ける程度で大丈夫です。クリームを塗り、その上から乾いたタオルで刷り込むように拭いてください)


通信販売で購入したいのですが? 

Basementではもちろん通信販売も可能です。東京近郊にお住まいの方はお店に来店して頂けますが、地方にお住まいの方は東京にタップシューズを買いに来る事が中々難しいと思いますので、何度かやり取りはあると思いますが気軽にお電話下さい。
(*送料等の確認は直接お店にお問い合わせお願いします)